40代の肌トラブル【乾燥肌】の解決方法|効果的な化粧品と血流アップ法を紹介

ほほに触れる女性 スキンケア

40代に入ってから、急に乾燥肌になった…という人もいることでしょう。

私はもともと乾燥しやすいお肌でしたが、40代になってからかさつきがひどくなってきました。

 

乾燥肌の原因はお肌の水分量の減少。

20代の頃に比べると、40代のお肌の水分量は急激に減ってしまうのです。

 

また、ホルモンバランスの乱れも出てきますね。

一見、関係がなさそうなホルモンバランスですが、お肌への影響は大!

血流が低下してしまうとお肌への栄養が行き渡らず、カサカサ肌の原因になります。

 

しかも冷え性の人は乾燥肌も多いようです。

血流をアップすることで体の巡りが良くなり、冷え性の改善やお肌への栄養を届ける流れが整います。

 

今回は、お肌の乾燥を防ぐ化粧水・美容液・クリーム・オイルを紹介します。

また、自分でできる血流アップの方法も紹介します。

お肌の乾燥が気になる人は、参考にしてみてくださいね。

 

乾燥肌には保湿が重要!化粧品選びのコツを紹介

 

肌に触れる女性

 

美肌の秘訣は保湿と紫外線対策。

この2つを徹底的に守ることで、美しいお肌をキープできます。

 

乾燥肌の保湿に効果的なものとして、化粧水や美容液、クリームなどがあります。

お肌にうるおいを与える化粧水を使用し、美容液やクリームなどでさらにうるおいにフタをしましょう。

 

Tゾーンはべたつくけれど、ほほや目元、口元は乾燥するという人も水分と油分のバランスの乱れが原因になっていることがあります。

その場合も、まずはうるおいを与えることを基本にしましょう。

 

「インナードライ」になっていると、お肌の表面は脂でべたつきますが、お肌内部の水分は足りない状態。

水分の蒸発を防ぐために、皮脂を余分に出してしまいます。

その結果、オイリーな部分と乾燥する部分が混在したお肌になってしまうのです。

 

スキンケアの基本は保湿!

お肌にうるおいを与える化粧品を使うことで、お肌の水分と油分のバランスが整ってきます。

 

化粧水はしっとりタイプがベスト

化粧水はさっぱりタイプよりもしっとりタイプを選ぶとよいでしょう。

お肌になじませたら、手のひらでお肌を包む「ハンドプレス」を行ってみてください。

化粧水が浸透しやすくなり、モッチリとした肌感になります。

洗顔後のお肌に使うものだからこそ、たっぷり保湿できる化粧水を選びましょう。

 

■ホメオバウローション

まるで美容液のような化粧水。

お肌にすぐに浸透しないので、「ハンドプレス」でじっくりしみこませます。

モチモチッとした吸いつくようなお肌になりたい人向けです。

 

 

ナールスピュア

お肌にスッと浸透し、しっとりとした肌感になれる化粧水。

使い続けるうちにお肌のハリやツヤがアップ!

乾燥肌や年齢肌の人に向いています。

 

 

美容液でお肌にうるおいとハリをプラス

美容液は乾燥肌にとても効果的です。

保湿成分が含まれたものやハリ・ツヤを生み出す成分が配合されているものがたくさんありますね。

 

化粧水でうるおいを与えたお肌にさらにワンランク上の保湿を行いたい人は、美容液を利用してみましょう。

保湿効果+エイジングケア効果が感じられるものを紹介しますね。

 

■REプラセンタ美容液

【REプラセンタ美容液】は、乾燥肌は年齢肌に特化した美容液。
馬プラセンタや歯髄幹細胞培養液&3GFがギュッと詰まった美容液なので、なめらかなお肌を実感できます。

 

 

フラーレン美容液

ドクターズコスメ「ビューティーモール」の【フラーレン美容液】は、規定値以上のフラーレン配合。

7つのビタミンC誘導体や5つのセラミドなど、お肌のうるおいとハリ・ツヤを守る成分がたっぷり入っています。

 

 

うるおいを閉じ込めるにはクリームが効果的

スキンケアの仕上げに使うクリームは、水分で満たしたお肌にフタをする役割があります。

乾燥肌の場合、水分だけではなく油分も少なくなっている可能性が大。

Tゾーンはテカるのに他の部分はカサつく…という場合は、「インナードライ」を起こしているのかもしれません。

 

「インナードライ」を解消するには保湿が効果を発揮する場合も多いです。

クリームを使用すると水分の蒸発を防ぎ、みずみずしい状態を保つことができます。

 

■【Foo Tokyoナイトクリーム】

夜専用のクリームでお肌をしっかり保湿。

べたつきにくく軽い使用感ですが、翌朝のお肌が気持ちよくうるおいます。

 

 

肌なじみのよいオイルケアもおすすめ

お肌の乾燥が激しいと感じるときは、美容オイルでお肌をケアしてみましょう。

お肌の角質層にうるおい成分と美容成分がしみわたり、お肌のうるおいを守ります。

 

オイルはお肌に浸透しやすいものを選ぶとべたつきが少ないです。

肌なじみのよいオイルを紹介しますね。

顔だけでなく全身の保湿に使えるオイルは、乾燥肌にピッタリのケアです。

 

■【ゴクビプロドライオイル】

【ゴクビプロドライオイル】は顔だけでなく、ボディや髪にも使えるさらりとしたオイル。

さわやかな香りが心地よく、べたつかないので使いやすいです。

 

 

血流の改善でお肌の調子もアップ

 

ふくらはぎ

 

化粧品での保湿も大事ですが、見直してみたいのが生活習慣。

20代の頃よりも40代は代謝が落ち、ホルモンバランスの乱れなどがお肌に表れやすいのです。

 

血流が不足すると血液を通して運ばれる栄養が行き渡らず、お肌も乾燥しやすくなったり、肌荒れを起こしやすくなったりします。

 

そこで提案したいのが血流アップの簡単押圧。

まずは、ふくらはぎをほぐしてみましょう。

 

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれています。

ふくらはぎの筋肉がこわばるとポンプ機能が低下してしまいます。

 

ふくらはぎを上手に刺激して、筋肉のこわばりをほぐしてあげましょう。

血流がアップして血行がよくなります。

 

簡単にできるふくらはぎのひざ乗り押圧

自宅で簡単にふくらはぎをほぐせる方法が「ひざ乗り押圧」。

手ではなかなかほぐしきれないふくらはぎを効果的にほぐしていきます。

 

①四つん這いになります。

②左足のひざを右足のふくらはぎに乗せます。

③乗せている左足の重みだけを利用して、ひざのお皿をふくらはぎの押しつけ、その位置で上下に左ひざを動かします。

※このとき、無理にチカラを入れる必要なありません。

いた気持ちいい刺激程度でOK!

④ひざを乗せる位置をかかとの方へずらし、③と同じようにふくらはぎを3か所ほど刺激します。

⑤同様のやり方で、左足のふくらはぎも刺激します。

 

ひざ乗り押圧はとても簡単なので、テレビを見ながらでもOK!

お肌にはもちろん、体の冷えにも効果的ですよ。

 

40代の【乾燥肌】は化粧品+血流アップがカギ

 

ほほに触れる女性

 

40代はホルモンバランスの乱れやお肌の水分量の低下で乾燥肌になりやすいです。

化粧品でしっかりを保湿をして、さらに血流アップのひざ乗り押圧をしてみましょう。

血行がよくなるとお肌への栄養が行き渡り、お肌のコンディションが整いやすくなります。

 

あなたのお肌の状態に合った化粧品選びも大切な要素。

乾燥肌に効果的な成分が配合された化粧品を選び、お肌のバリア機能を守りましょう。

 

 

 

 

 

コメント