【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】40代乾燥肌の使用感を比較 

フラーレンCCクリームとラウディBB&CCクリーム ファンデーション

ベースメイクがきれいに決まるとうれしいですね。

40代乾燥肌の場合、なめらかな素肌を作るのはなかなか難しいです。

 

私が使っている【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】。

どちらも伸びがよく、メイクしながらスキンケアもできます。

UVカット効果もあるので、日常の紫外線対策もバッチリ!

 

今回は【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】の使用感を比較してみました。

それぞれの商品の特徴とおすすめのタイプを紹介します。

 

【フラーレンCCクリーム】の特徴

フラーレンCCクリーム

【フラーレンCCクリーム】

ビューティーモールの【フラーレンCCクリーム】は成分がすばらしいです。

ノーベル賞受賞の『フラーレン』を規定値以上配合。

 

ビタミンC誘導体『APPS』&ビタミンE誘導体『TPNa』配合。

そして、年齢肌に効果的な保湿成分は5つも配合されています。

 

【フラーレンCCクリーム】は1本で7役。

乳液・美容液・クリーム・UVケア・化粧下地・コンシーラー・フェンデーションの役割を果たします。

 

CCクリームはカバー力がイマイチ…というものが多い中、シミやくすみを自然な感じにカバーしてくれます。

光拡散パウダーで毛穴もキレイに見せてくれるので、粗が目立ちやすい40代乾燥肌でも使いやすいCCクリームです。

 

UV効果はSPF44・PA+++。

日常の紫外線をしっかりカットできますね。

 

【フラーレンCCクリーム】がおすすめのタイプ

【フラーレンCCクリーム】は美容成分がたっぷりなので、お肌のカサツキが気になりません。

程よいしっとり感が持続します。

 

・透明感のあるツヤ肌に見せたい人

・お肌の色ムラが気になる人

・UVケアもしっかりしたい人

・お肌の乾燥が気になる人

・時短メイクをしたい人

【ラウディBB&CCクリーム】の特徴

ラウディBB&CCクリーム

【ラウディBB&CCクリーム】

【ラウディBB&CCクリーム】は、BBクリームとCCクリームのいいとこどりをしたクリーム。

BBクリームのカバー力とCCクリームの伸びの良さが特徴です。

BBクリームの厚塗り感が気になる人のおすすめ。

 

【ラウディBB&CCクリーム】も1本で7役。

乳液・美容液・クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーの役割を果たします。

 

UV効果はSPF40・PA++++。

紫外線の他、近赤外線やブルーライトもカットできます。

 

【ラウディBB&CCクリーム】がおすすめのタイプ

【ラウディBB&CCクリーム】には3つの保湿成分が配合されています。

水分・油分がたっぷりのクリームです。

 

・パパッとベースメイクを完成させたい人

・お肌の色ムラが気になる人

・お肌が乾燥しやすい人

・毛穴、小じわ、シミを自然に隠したい人

・紫外線だけでなく、大気汚染からもお肌を守りたい人

 

【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】の比較

フラーレンCCクリームとラウディBB&CCクリーム

【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】

【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】を比べてみましょう。

【フラーレンCCクリーム】は1色展開。

【ラウディBB&CCクリーム】は2色のうち、「ナチュラルベージュ」を使用しています。

 

フラーレンCCクリームとラウディBB&CCクリーム

【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】

お肌の伸ばしてみると【フラーレンCCクリーム】は少し指先に重さを感じます。

CCクリームですが、しっかりお肌に色が乗る感じがします。

 

【ラウディBB&CCクリーム】は美容液成分が多いので、スルスルッと伸びます。

水分と油分が多く、みずみずしい感触です。

 

フラーレンCCクリームとラウディBB&CCクリーム使用後の肌

【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】使用後のお肌

お肌になじませてみると【ラウディBB&CCクリーム】の方が、少しオークル寄り。

BBクリームの良さで【フラーレンCCクリーム】よりもカバー力があります。

 

【フラーレンCCクリーム】はお肌にピタッと密着して、ナチュラル感のある肌質になります。

私はナチュラルな素肌感が好みなので、【フラーレンCCクリーム】の方が好きです。

 

【ラウディBB&CCクリーム】も【フラーレンCCクリーム】も濃いシミはそれほどカバーできません。

シミをしっかり隠したい人は、化粧下地として使って、上からフェイスパウダーやファンデーションを重ねるとよいでしょう。

 

【フラーレンCCクリーム】の成分が私のお肌に合うようで、夕方になってもしっとり感が続きます。

メイクの崩れもそれほど気にならないので、この2つの中から1つだけ選ぶならば、【フラーレンCCクリーム】かな?と思います。

 

 

 

 

【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】あなたはどっち?

フラーレンCCクリームとラウディBB&CCクリーム

【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】

今回は【フラーレンCCクリーム】と【ラウディBB&CCクリーム】を比較してみました。

この2つのクリームは私の日常使いにとても役立っているので、正直、甲乙つけがたい…。

 

ナチュラル感にポイントを置きたいときは【フラーレンCCクリーム】。

BBクリームのカバー力が欲しいときは【ラウディBB&CCクリーム】。

 

そういう使い分けをするといいかな~と思います。

どちらも保湿力があるので、40代乾燥肌がしっとりうるおいます。

 

フラーレンCCクリーム

【フラーレンCCクリーム】

 

【フラーレンCCクリーム】の価格

20g入り

5,500円(税込)+送料750円(税込)

※11,000円以上のお買い物で送料が無料になります。

ラウディBB&CCクリーム

【ラウディBB&CCクリーム】

【フラーレンCCクリーム】も【ラウディBB&CCクリーム】も薄づきで、ナチュラルなツヤ肌が簡単に作れます。

濃いシミはカバーしきれませんが、お肌をツヤッとキレイに見せてくれるクリームです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました