40代乾燥肌のスキンケア|美肌の基礎知識と目的別トライアルセットを紹介

スキンケア

40代乾燥肌はうるおいが足りず、お肌のハリやツヤがイマイチ…。

しっかり保湿をしても何かが足りないと感じている人も多いのではないでしょうか。

 

私も保湿化粧水やクリームを使っていますが、お肌の状態にムラがあるので、「昨日はよかったのに、今日はカサつく」と感じることもあります。

「40代乾燥肌の正しいスキンケアって何だろう?」と考え、参考になりそうな資料に目を通したり、実際に自分でも試してみたりしました。

今回は40代乾燥肌の正しいスキンケア 美肌の基礎知識について紹介しますね。

 

40代乾燥肌の悩み

鏡を見る女性

40代乾燥肌のお悩みには次のようなものが挙げられます。

・乾燥
・ハリやツヤがない
・乾燥小じわが目立つ
・開き毛穴やたるみ毛穴
・しみやくすみが気になる

 

いきいきとしたお肌は自然なツヤとハリ感があり、若々しい印象を与えます。

でも、40代の乾燥肌は、実年齢よりも老けて見えてしまう可能性があるのです。

 

いろいろな化粧品を使ってお手入れをしていると思いますが、化粧品の使い方がお肌に大きな影響を与えます。

40代乾燥肌にとってベストなお手入れ方法とはどのようなものなのでしょうか。

 

気に入った化粧品は使い続ける?

化粧品はお肌との相性がありますよね。

「この化粧品お肌に合うな~」と思えるものを見つけたときの喜び!

 

40代乾燥肌は敏感に傾きがちなので、なかなか合う化粧品が見つからない人もいるかもしれません。

 

スキンケアはお気に入りのものを毎日使っているという人も多いです。

でも、季節や体調によってお肌の状態は変わります。

 

温度や湿度だけだでなく、気圧などもお肌に影響を与えるそうです。

美肌作りは自分の肌を知ることが第一歩。

万人にとっていい化粧品はないので、その時々の自分に合ったものを選べるのが理想的。

 

例えば、胃の調子が悪いときはさっぱりした食べ物を選びますよね。

そんなふうにお肌の状態に合わせてスキンケアを変えてみると、お肌のコンディションが整いやすくなる可能性があります。

 

気に入った化粧品は毎日使い続けたくなりますが、40代乾燥肌の状態に合わせて使い分けも必要なのかもしれませんね。

美容液やクリームなどの組み合わせをお肌の状態に応じて使い分けるという方法もあります。

 

化粧水はコットンでつける?手でつける?

化粧水

あなたは化粧水をつけるとき、コットンを使いますか?

それとも手でつけていますか?

 

40代乾燥肌のスキンケアにおすすめなのは手でつける方法。

化粧水を手でつけるメリットは2つあります。

①コットンによる摩擦を避けられる手を使っても摩擦は0ではありませんが、コットンやパフなどの無用な刺激が避けられます。コットンを使うなら化粧水をたっぷり含ませてパックする方法がおすすめ!ふき取り化粧水を使うときは、こすり過ぎないように力を抜いて拭くようにしましょう。
②顔に直接触れることでお肌の状態をしっかり確認できる手の感触でお肌の状態に合わせて、いつもよりたっぷりつけたり、気になる部分をチェックしたりできます。

 

手は最高のツール。

摩擦を避けつつ、お肌のコンディションも確認できます。

 

つけ方のコツは「仕上げに手のひらで包むようにお肌を押さえて浸透させること」。

「ハンドプレス」という言葉を聞いたことがある人もいることでしょう。

乳液やクリームも手にとって伸ばすことで体温になじみ、じんわりと溶けてお肌に浸透しやすくなります。

 

植物由来の自然派コスメならお肌にやさしくて安心?

オーガニック化粧品

今、流行りのオーガニック化粧品。

私も使うときがあります。

 

「ナチュラル」とか「オーガニック」という言葉からお肌に良さそう!というイメージがわいてきます。

でも、オーガニック化粧品は、人によっては刺激が強い場合も…。

 

漆にかぶれたり、スギやヒノキの花粉症の人も多いですよね。

でも、漆もスギもナチュラルな植物です。

 

植物は往々にして免疫反応を引き起こす抗原になる場合もあります。

ナチュラルだから安心と過信するのではなく、お肌との相性を確かめてから使った方が安心ですね。

 

スポンジやブラシは清潔ですか?

メイク道具

メイクスポンジやブラシは清潔ですか。

メイクで使う道具類が不衛生だと、お肌に雑菌を付着させているようなものになってしまいます。

メイクブラシやパフ、スポンジは清潔であることが大前提!

 

スキンケアやメイクで使う小物は、毎日洗って乾かすように心がけましょう。

洗顔で使う泡立てネットもしっかりと水気を切って清潔にしておくことが大事。

お肌に雑菌を塗ることがないように、メイク道具は清潔なものを使いましょう。

 

界面活性剤や防腐剤の入っていない化粧品だけを選ぶ?

ナチュラルな化粧品

お肌への負担を考えると「できれば保存料などが入っていないものの方が安心なのかな?」と思っていましたが、そういうわけではないそうです。

 

界面活性剤は汚れを落とすために必要な成分。

また、無添加の水は水でしかないので、化粧品を安定させるためにパラベンなどの防腐剤が使われます。

一概に悪い成分とは言い切れません。

 

今はパラベンフリーの化粧品も出ていますが、その代わりに入っていることが多いイソチアゾリノンという防腐剤が肌荒れの原因になるケースもあります。

 

○○フリーという化粧品は、たいていその代わりの成分が入っています。

無添加なら、カビやバイ菌が繁殖する恐れがあるということ。

言葉のイメージではなく、内容をよく確かめてから使うことが大切です。

 

40代乾燥肌はお肌の状態に合わせたお手入れを!

肌を包む女性

40代乾燥肌は保湿が大切。

化粧水で保湿をしたら、乳液やクリームなどの油分でフタをします。

 

お肌は桃の皮くらい繊細なので、お手入れ時にコットンを使うよりも手でつけた方がこすり過ぎを防げます。

お肌の小さな変化は手でお手入れをする方が気づきやすいです。

 

お気に入りの化粧品がある人も多いことでしょう。

お肌は季節や体調によって変化するので、お肌の状態に合わせて使い分けるとお肌が安定する場合があります。

 

メイクなどで使用するスポンジやブラシなどは清潔ですか。

衛生面に気をつけないと、お肌に雑菌が増えてしまいます。

 

美肌を作るには毎日の積み重ねが必要です。

40代乾燥肌もお手入れでしっとりツヤ肌を手に入れられます。

 

でも、どの化粧品を使ったらよいかわからない…ということもありますね。

そのような人は、まずはトライアルセットでお肌との相性を確かめてみるとよいでしょう。

 

スキンケアアドバイザーkokoがおすすめのトライアルセットを紹介

指さしポーズの女性

ここからはスキンケアアドバイザーkokoがおすすめする「トライアルセット」を紹介します。

さまざまな「トライアルセット」が販売されています。

 

「トライアルセット」の良い点は価格が安いこと。

なかなか手が出せない化粧品もお得な価格で購入できます。

 

また、お肌との相性を確かめてから本商品を購入することで、リスクを最小限に抑えることができます。

 

40代乾燥肌といっても、人それぞれの肌悩みには違いがあります。

あなたに合った「トライアルセット」を見つけられるように、目的に合わせた「トライアルセット」をピックアップしました。

 

年齢肌にうるおいを与えるトライアルセット

年齢肌は乾燥しやすいく、お肌がごわついているため、なかなか化粧品の成分が入りにくい状態です。

年齢肌に特化した化粧品を使うことで、お肌を柔らかく整えてうるおいを与えるものがおすすめです。

 

コクのあるテクスチャーでうるおいチャージ

サラッとした使用感よりもしっとり感を重視したい人は、コクのある化粧品を選ぶとよいでしょう。

乾燥したお肌にたっぷりのうるおいとモッチリした肌感をもたらします。

 

ハリ・ツヤをアップするスキンケア

お肌が乾燥していると、ツヤが失われてしまいます。

お肌のハリやツヤを得るには、オイルを使うのも一つの方法です。

 

毛穴をキュッと引き締める!

毛穴が気になる…という人は、毛穴ケアに重点を置いたスキンケアをしてみてはいかがでしょうか。

お肌にうるおいを与えることで、毛穴周りがふっくらして目立ちにくくなるスキンケアが向いています。

 

気になるシミやくすみ対策

お肌は年齢とともにくすみやすくなり、シミが目立ちます。

お肌のシミやくすみは、美白成分が配合されたスキンケアを選ぶとよいでしょう。

 

 ピリピリしないオーガニック化粧品

オーガニック成分にこだわった化粧品を選びたい人は、こちらの「トライアルセット」がおすすめです。

お肌への刺激を抑えた成分が使われているので、安心して試せると思います。

 

 

 

 

コメント