顔のシミを自分で取る方法ってあるの?できてしまったシミに効く化粧品や漢方、薬、サプリを紹介

笑顔の女性 シミケア

日差しが強くなってくると、シミ対策にも気をつけないと!という気持ちになります。

実際にお肌のシミで悩んでいる人も多いことでしょう。

私も頑固なシミをどうしたら消せるのか?と日々考えています。

 

皮膚科でケアしてもらう方法もありますが、私は金銭的にも時間的にも難しいです。

「顔のシミを自分で取る方法はないのか…」と調べてみたら、時間はかかりますが取れないこともないことがわかりました。

 

今回は、顔のシミを自分で取りたい人におすすめの化粧品や漢方、薬、サプリメントを紹介します。

これからの季節の紫外線対策もシミを取るためには重要!

まずは、シミの原因やシミができやすい人の特徴を解説します。

原因がわかれば対処方法も見えてきます。

顔のシミを自分で取りたい人は、参考にしてみてくださいね。

 

シミができる4つの原因

太陽

シミができる原因として紫外線が挙げられますが、それ以外にもさまざまな原因が関係しています。

シミの予防とケアのために、シミの原因について知っておきましょう。

シミのできる原因は大きく分けると4つあります。

 原因1:紫外線

シミの一番大きなトラブルとして挙げられるのが紫外線。

肌トラブルの原因の約80%が紫外線によるものと言われるほどです。

地上に存在する紫外線には、UV-AとUV-Bの2種類があります。

UV-A

波長が長いので、皮膚表皮の基底層から真皮まで達し、メラノサイトを活性化させます。

すると、黒色メラニンが大量に生成され、お肌の色が濃くなります。(日焼け)

UV-Aは曇り空やガラス窓も通過してしまうので、曇りの日や室内、車の中でも紫外線対策が必要です。

UV-B

お肌に対する刺激はUV-Bの方が強く、細胞の遺伝子を破壊する力を持っているため、皮膚がんの原因にもなっています。

海水浴などに行って、顔や背中が赤くなってヒリヒリするのは、UV-Bが原因です。

長年紫外線を浴び続けることでお肌がダメージを受け(光老化)、皮膚細胞の再生能力が低下、メラニンを外に排出する力が弱くなってしまいます。

また、たばこやストレスは老化を促す原因の一つである活性酸素を増やします。

この活性酸素がメラノサイトを刺激して、メラニンの過剰産生を起こしやすくします。

 

原因2:女性ホルモンの変化

妊娠中や出産後、そして閉経(更年期)などは、女性ホルモンのバランスが崩れやすく時期。

バランスが崩れると、一時的に黒色メラニンの生成が高まると考えられ、シミが増えることがあります。

今、私は病気のため、女性ホルモンの「エストロゲン」を抑える薬を飲んでいます。

そのためか、以前よりもシミが増えてきたような気がします。

女性は年代や妊娠、出産で女性ホルモンが大きく変化するので、そのときにシミが濃くなったり増えたりすることがあるようです。

 

原因3:活性酸素が増える

シミの原因として最近注目されているのが、活性酸素です。

活性酸素とは

体内に入った酸素の一部が、他の物質と反応しやすい状態に変化したもの。

体内で発生した活性酸素は、メラノサイトを刺激して黒色メラニンの生成を促すので、シミができることがあります。

活性酸素を発生する原因物質には、「紫外線」「ストレス」「大気汚染」「タバコ」などが挙げられます。

 

原因4:お肌の炎症や摩擦

傷や虫刺されなどの炎症や摩擦などでも、メラノサイトが刺激されます。

また、副腎皮質の機能低下や肝臓、腎臓の機能障害などでも、シミができることがあります。

私も虫刺されの跡やニキビの跡が、シミとして残ってしまうようになりました。

ナイロンタオルの使用もお肌の黒ずみなどの原因になると言われています。

 

シミができやすい人の特徴

困っている女性

シミができやすい人は、次のような特徴があります。

あなたは当てはまっていませんか。

・体が冷えている人

・お肌にうるおいがない人

・活性酸素が多い人

体が冷えている人

シミに悩む約8割の人は、体が冷えていると言われています。

体温が高く代謝のよい人の方が血液からの栄養や酸素、ホルモンが全身に巡ります。

体が冷えていると血の巡りが悪くなり、細胞が栄養不足に…。

お肌のターンオーバーが遅くなるので、シミが排出されずお肌にとどまってしまいます。

 

お肌にうるおいがない人

お肌にうるおいがないとお肌のバリア機能が低下。

すると、紫外線や外部からの刺激が侵入しやすくなり、ダメージを受けやすくなります。

ゴシゴシ洗いや洗浄力の強すぎるクレンジングや洗顔を見直してみましょう。

化粧水だけでなく、乳液やクリームなどで十分に保湿することが大切です。

 

活性酸素が多い人

ストレスや年齢を重ねると活性酸素を除去する酵素などの働きが弱まります。

体の中で必要以上に活性酸素が多くなると、健康な細胞まで酸化させて老化が進みます。

活性酸素は体の中のサビとも言われる物質。

できるだけストレスを減らしたいところですが、今の世の中、ストレスが溜まりやすいですね。

気分をリフレッシュできることや物があると、ストレスの軽減になるかもしれません。

 

顔のシミを取るには紫外線対策が肝心

紫外線対策

これ以上、シミを増やさないためにも、長時間紫外線を浴びることを避けるのがポイント。

紫外線対策としては、短時間の外出ならSPF30~40、PA+++、長時間の外出ならSPF50以上、PA++++の日焼け止めがおすすめです。

 

紫外線対策は手を抜かないようにしましょう。

紫外線対策は、日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなどで対処するとOK。

実は地面からの照り返しもお肌へダメージを与えるので、日焼け止めはしっかり塗りましょう。

 

化粧下地やファンデーションでもUVカット効果のあるものが販売されています。

化粧品も上手に使って、紫外線対策をしたいですね。

 

紫外線対策ができる化粧下地の記事はこちら。

ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN

【ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN】30ml

 

エバーピンク欲ばりサンスクリーンα

【エバーピンク欲ばりサンスクリーンα】35g

 

紫外線対策ができるファンデーションの記事はこちら。

薬用クリアエステヴェール

【薬用クリアエステヴェール】13ml 約2か月分

 

フラーレンCCクリーム

【フラーレンCCクリーム】20g

 

ディレイアBBクリーム

【ディレイアBBクリーム】25g入り

 

顔のシミを取るには紫外線対策サプリも効果的

サプリメント

シミを取るためには紫外線対策がポイントですが、日焼け止めクリームを塗る以外にも紫外線をカットできる方法があります。

それは飲む日焼け止め。

紫外線対策サプリを飲むことで、全身のお肌を紫外線から守ることができます。

 

紫外線対策サプリは、日焼け止めの使用感が苦手な人やお肌がデリケートで日焼け止めが使えない人、塗り残しや塗り直しが心配な人に向いています。

私も飲んでいます。

 

おすすめの飲む日焼け止めは3つ。

成分やお値段などを比較して、あなたに合った飲む日焼け止めを見つけてくださいね。

 

飲む日焼け止めの記事はこちら。

BE-MAX the SUN(ビーマックス・ザ・サン)1日の目安量

【BE-MAX the SUN(ビーマックス・ザ・サン)】1日の目安量

 

ホワイトヴェール

【ホワイトヴェール】

 

インナーパラソル

【インナーパラソル】

 

顔のシミを取るにはシミに効く食べ物を摂る

サラダを食べる女性

シミ対策は体の中からのケアも大切。

シミ対策におすすめの食べ物を紹介します。

・キウイ(ビタミンC、ビタミンE)

・ブロッコリー(ビタミンC、スルフォラファン)

・大豆や小麦(L-システイン)

・かぼちゃ(ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA)

・トマト(リコピン)

・アボカド(ビタミンE)

・ゴーヤ(ビタミンC)

・そば(ビタミンE、ルチン)

・鮭(アスタキサンチン)

この他にもいろいろな食品あるので、バランスよく食べてくださいね。

過熱すると栄養が溶け込んでしまうものは、煮汁なども一緒にいただきましょう。

食事だけではシミに効く成分が摂りきれない…という人は、シミに効く漢方やシミに効く薬を使用すると、体の内側からのシミ対策が行えます。

 

シミに効く漢方の記事はこちら。

めぐりの漢方

【めぐりの漢方】

▼今だけ半額ワケあり▲☆大容量☆2.2g×90包 めぐりの漢方 漢方 漢方薬 ヨクイニン 桂枝茯苓丸 ケイシ トウニン ケイシブクリョウガン クラシエ ツムラ へんせき 偏析 冷え むくみ 女性用 女性 更年期 シミ ニキビ まとめ

価格:3,300円
(2021/6/28 18:16時点)
感想(0件)


シミに効く薬の記事はこちら。

ホワイピュア1回分

【ホワイピュア】1回分量

 

顔のシミを取るには保湿も重要

スキンケアをする女性

お肌が乾燥しているとバリア機能が低下。

その結果、刺激に対して抵抗することができず、シミができやすいお肌になってしまいます。

顔のシミを取るには、保湿も重要なポイントです。

お肌がうるおうとターンオーバーが整うので、シミが排出されやすくなります。

今あるシミをどんどん排出できるよう、化粧水や乳液、クリームなどでたっぷり保湿しましょう。

その際、美白化粧品を使うと、より一層効果を感じられると思います。

 

美白もできる化粧品の記事はこちら。

フレキュレル

【フレキュレル】40g 約1か月分

 

アンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルキット

【アンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルキット】

 

ホワイピュア薬用美白クリーム

【ホワイピュア薬用美白クリーム】27g 約1~2か月分

 

ストレスや睡眠不足には要注意

うなだれる女性

ストレスや睡眠不足はシミの原因でもあります。

シミ対策は健康的な生活習慣もかかわってきます。

ストレス解消法を見つけておくのもその一つ。

適度な運動もお肌の代謝を高めるので効果的です。

 

ヨガの後、お肌がツルツルになった!という経験をしたことがある人もいることでしょう。

ヨガに限らず、自分が心地よいと感じる運動を生活の中に取り入れられると理想的ですね。

 

体を動かすことは、睡眠の質にも影響します。

睡眠時間も大切ですが、睡眠の質も大切です。

 

顔のシミを自分で取るにはある程度の時間がかかる

明るい顔の女性

紫外線対策や保湿でお肌のターンオーバーを高めることで、顔のシミの排出を促すことができます。

しかし、お肌のターンオーバーは時間がかかります。

ターンオーバーの目安

40歳の場合 40+10日=50日

45歳の場合 45+10日=55日

20代の頃は28日周期と言われるお肌のターンオーバーは、年齢とともに遅れがちになります。

遅れる分、お肌のシミがとどまってる時間が長くなるということ。

 

でも、あきらめないでください。

お肌は正しくお手入れすれば、うるおいをキープ。

お肌のバリア機能も整い、素肌から変わってくることでしょう。

 

紫外線対策と保湿を行いながら、あなたのお肌に合った化粧品やシミに効く漢方や薬を使い、体の外側と内側からシミ対策を行ってみてくださいね。

今回紹介した化粧品やシミに効く漢方、薬、サプリメントがあなたのシミにも効果を発揮することを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました